月かげ保育園の紹介

HOME > 月かげ保育園の紹介 > 園の概要

園の概要(月かげのこころ)

園長挨拶(成道会での園長挨拶から)

 月かげ保育園の名は浄土宗宗祖 法然上人が詠まれた「月かげ」の御歌のこころにつながるものです。

月かげのいたらぬ里はなけれども
ながむる人の心にぞすむ
  浄土宗宗祖 法然上人御詠歌
つきかげの歌

 「月かげ」とは「月光」のことです。「月の光はどこにでも平等に当たります。けれども、それを心にとめておかない限り、お月さまの存在はわかりません。ですから、人の心にこそお月さまがあるのです」という意味であり、阿弥陀仏様のおこころを月の光になぞらえて詠まれた御歌です。
 月かげ保育園では、月の光が誰にでも優しく注がれるように、すべての子どもたちが平等に愛情厚く育まれます。
 月かげ保育園の保育カリキュラムは、人を思いやるこころを育てます。