月かげ保育園の紹介

HOME > 月かげ保育園の紹介 > 保育理念

保育理念

 仏教保育の基本理念に基づき、乳幼児の豊かな感性とやさしい心と生きる力を育むぬくもりのある保育を行う

保育目的

 児童福祉法に基づいて、保育を必要とする乳幼児について、養護と教育が一体となった保育を行い、乳幼児一人ひとりの健全な成長を図り、元気なこども(仏=明るく)、考えるこども(法=正しく)、みんなと一緒に遊べるこども(僧=仲良く)に育つこと、またこどもと保護者が安心して生活できることを保育の目的とする。

保育目標

 保育目的を達成するために次のような目標を掲げる。

  • 生命尊重の保育を行う

    • 生きとし生けるものを活かし殺さないという仏教の教えに基づき、こどもの持っている個性を余すところなく活かし、生命の尊さを学び、感謝するこころや思いやりの心を持つあたたかい人格を育てる。
    • ぬくもりのある環境の整った、あたたかい雰囲気の中で、こども一人ひとりを受け止めて、生命の保持と情緒の安定を図り、心身ともに健康で明るく、意欲を持って遊ぶことのできるたくましいこどもを育てる。
    • 基本的生活習慣の自立を図り、心身の健康と生活の基礎を培う。
  • 正しきを見て絶えず進む保育を行う

    • 乳幼児の感覚に訴えて、正しい理解を促すと同時に、しつけによって社会人となる基礎を確立し、自主自立の精神を養う保育を行う。
    • 豊かな感性を育てる情操教育をする中で知的好奇心や探究心を養う。
    • 何事にも主体的に関わろうとする意欲や道徳性の芽生えを培い遊びを通して、協力することや粘り強くやり遂げる力を育てる。
    • 一人ひとりの主体性を大切に、表現する力、創造する力、探究する力、仲間と協力する力を育てる。
  • 良き社会人を作る保育を行う

    • 保育園の生活の中で、遊びのルールを守ったり、片付けや整頓などを通して、社会人となるための素地を養う。
    • 友達とのかかわりの中で自分を高め、相手も高めながら、お互いに譲り合う態度を培い、共生する喜びを体験する中で強調する力を育てる。
    • 創造的な思考、主体的な生活態度などの基礎を培うため地域や小学校との連携を深める。
    • 園児の保護者や地域の子育て家庭の保護者に対し保育園の環境を活用し、保育士等の専門性を生かしながら、子育て不安を緩和し、子育てを支援する。

保育方針

  • 心身ともに安定して過ごすことができる適切な環境の中で乳幼児に必要な体験を通じて、人間形成の基礎となる豊かな心情を育む。
  • 保育が養護と教育が一体としたもので、1歳児から5歳児までのつながりのある保育内容によって健やかな成長を育む。
  • 遊びを通して、身体力、感動力、表現力、対話力、学びの力を育む。
  • 3歳児から5歳児までは体操教室に参加し継続した体つくりを行う。
  • 多様な体験や読書に親しむ活動などを積極的に取り入れ乳幼児にふさわしい生活が展開されるようにする。
  • 遊び体験を通して、豊かな感性を育み、創造力、探究心、忍耐力を培う。
  • 4・5歳児は「英語と遊ぼう」を通して、異なる文化を持った人に親しみを持ち、国際社会での総互理解の力を育む。
  • 家庭との連携を図りながら社会生活上のルールや道徳性などを生活の中で身につけさせる。
  • 就学前教育として小学校以降の生活や学習の基盤の育成を幼児期にふさわしい生活を通して、創造的な思考や主体的な生活態度の基礎を培う。